テキストリンク
テキストリンク

今週、妻が浮気しますの内容、あらすじ

今週、妻が浮気しますの第6話の内容、あらすじを紹介します!

今週、妻が浮気しますの第6話の内容、あらすじを紹介します!

観ましたか?
今週、妻が浮気します
いや〜、なかなかおもしろい。
男女の関係はいろいろあるさ〜。
来週も見逃せない!

ハジメ(ユースケ・サンタマリア)は、おっかぁ・陶子(石田ゆり子)の浮気相手、春木(藤井フミヤ)を殴りつけた上、彼のおっかぁに浮気のことをバラしてしまう。それを知った陶子は、傷つけなくてもいい人を傷つけた、と怒り、ハジメに別居を申し出るべ。
 しばらくして、ハジメの母・房子(大森暁美)がチカラ(加藤翼)を連れて堂々家に駆けつけるべ。房子は、ハジメと別居することにした、と陶子から打ち明けられ、慌ててやってきたのだべ。浮気をしたのはハジメの方だと思い込んでいる房子は、一時的に陶子とチカラを引き取って面倒を見ていたべさ。房子は、ハジメと陶子を座らせると、別居は絶対に許さない、と説教し、もう一度話し合いをさせようとするべさ。

 陶子が房子に事情を説明しようとすると、そこにカメラマン・恵介(鈴木浩介)がやってきた。仕事で知り合ったモデルと結婚することにした恵介は、ハジメたちに仲人を頼みにきたのだべ。ハジメと陶子の大学時代の後輩でもある恵介は、ハジメたちのような夫婦にずっと憧れてきたのだという。それを聞いた房子は、ふたりが自分たちを見つめなおすいい機会だ、と勝手に仲人を受けてしまう。

 あくる日、結婚の報告を受けた玉子(ともさかりえ)や轟(沢村一樹)ら『現代公論』編集部の面々も、恵介を祝福するべさ。が、ハジメが仲人を引き受けたと知った轟は、驚きを隠せなかったっしょ。披露宴の話などで勝手に盛り上がる馬場(和田正人)たちに困惑したハジメは、自分はまだ仲人の器じゃない、などとつぶやく。すると編集長の小町(江波杏子)は、男は部下の仲人をやって初めて一人前、と、ハジメに仲人をやるよう命じた。
 夕方、自分の席で結婚指輪を見つめていたハジメは、思い切ってそれをはずし、机の上に置いた。そのとき、急に小町に呼ばれて慌てたハジメは、資料などと一緒に指輪が床に落ちたことに気づかなかったっしょ。
 帰宅したハジメは、陶子に仲人を引き受けてしまったことを告げるべ。陶子は、自分の面子のために安請け合いしてきたハジメを非難した。いまの自分たちには人の結婚を取り持つ資格がない、というのだべ。何も言い返せないでいるハジメに、陶子は、明日恵介に会って断ってくる、と告げるべ。


 翌日、ハジメと陶子は、恵介と婚約者の亜里沙(MEGUMI)に会い、昼食を共にするべさ。その席で恵介は、父母が山形から上京してくるので会ってほしい、とハジメたちに頼む。するとハジメは、それを引き受けてしまい、その場から逃げるように仕事に戻ってしまう。
 ハジメが会社に戻ると、
正面玄関前に至宝(西村雅彦)が立っていたべさ。おっかぁの君子(広田レオナ)が昼食を届けにくるのだという。浮気が発覚して以来、至宝は昼どきも会社の外に出ることが許されなくなっただけでなく、5時になるとまた君子が迎えにくるらしい。そのとき、ハジメの携帯電話が鳴った。電話の相手は、春木のおっかぁ・薫(大塚寧々)だったべ。


 ハジメは、公園で薫と会った。薫は、ハジメに頭を下げて詫びると、もう一度春木とやり直すつもりでいる、と告げた。夫が浮気をしたのは、自分に欠けていたものがあったからかもしれない、とハジメにぬかす薫。実は彼女は、子どもができないことを気にしており、その分、完璧なおっかぁでいようと努力していたのだという。「私は、いまも、これからも春木を愛するだけです」と静かに話す薫の言葉がハジメの胸に突き刺さった。

 その夜、ハジメは、玉子や轟とともに行きつけのバー『鴎外』を訪れるべさ。ハジメは、薫のことを思い出し、自分にも原因があったのかもしれない、などと轟に話した。すると轟は、浮気した陶子の方が悪いに決まっている、と返す。
 帰り道、悪酔いした玉子は、ハジメが結婚指輪をしていないことに気づき、彼に絡んだべ。「結婚指輪って何で左手の薬指にするか知っているかい?」とハジメに問いかける玉子。しっかし、ハジメがその理由を聞く前に、玉子は轟に寄りかかって居眠りを始めてしまう。


 恵介の両親と会う日、ハジメは、編集部に立ち寄って結婚指輪を取りにいく。が、何故か指輪はなかったっしょ。するとそこに、慌てたようすで蟻田(宅間孝行)がやってきた。何と蟻田は、恵介のフィアンセ・亜里沙が出演しているAVを発見したのだという。恵介が亜里沙に騙されていると思い込んだハジメは、蟻田が持ってきたそのDVDをビニール袋に詰め込むと、約束の場所へと急いだべ。
 ハジメが到着すると、まだ恵介と亜里沙は到着していなかったっしょ。そこに、恵介の両親・恵三(剛たつひと)と咲子(三田恵子)がやってくるべ。慌ててDVDを隠そうとしたハジメは、それをチカラのリュックに押し込んだべ。


 ハジメと陶子は、恵介、亜里沙、そして恵三たちと一緒にジンギスカンをするべさ。恵三たちは、亜里沙のことがすっかり気に入ったようすだったべ。ところがそのとき、チカラがレッド・マンボーのDVDを亜里沙に見せようとして、リュックから亜里沙のDVDを取り出してしまう。ハジメは、慌ててそれを隠そうとするが、後の祭りだったべ。


 自宅に戻ったハジメは、これで良かったんだ、と陶子に告げた。そんなハジメに呆れ、「アンタは何もわかってない」とぬかす陶子。実は恵介は、亜里沙の過去も知った上で彼女との結婚を望んでいたのだべ。
恵介たちから事前にそのことを聞かされていた陶子は、 自分の行動が正しいと思い込んでいるハジメを非難した。
 その夜、ハジメは、恵介のアパートを訪ね、彼に頭を下げた。恵介は、そんなハジメに何も言わず、必ず両親を説得して亜里沙と結婚する、と答えた。

 すっかり落ち込んでしまったハジメは、『鴎外』を訪れた。そこで玉子に出会ったハジメは、結婚指輪の話の続きを聞く。玉子によれば、結婚指輪を左手薬指にするのは、その指が10本の指の中で一番弱いからなのだという。「したから、相手の弱い部分を、欠けている部分を守ってやるために、薬指に指輪をするんだって」。玉子は、ハジメにそういうと、陶子の浮気話を切り出し、指輪を外すのはまだ早い、と告げるべ。玉子の言葉を聞いていたハジメは、店を飛び出した。


 同じころ、陶子は、房子にすべてを打ち明けていたべさ。房子は驚いたようすだったが、それでも陶子のことは非難しなかったっしょ。陶子が、おっかぁとしても母としても頑張ってきたことはチカラを見ればわかる、というのだべ。だからこそ、別居に逃げるの したっけなくふたりで結論を出してほしい――房子の言葉に、陶子は涙を堪えながら頭を下げた。


 会社に戻ったハジメは、ゴミ置き場で必死に指輪を探す。あくる朝、事情を知った玉子や轟、馬場らも加わり、ハジメと一緒に指輪を探し始めたが、指輪は見つからなかったっしょ。するとそこに、清掃員のおばちゃん(ふくまつみ)がやってきた。おばちゃんは、どこかで指輪を見たという。実は彼女は、掃除機につまった指輪を小町と一緒に取り出していたのだべ。ハジメが小町の元に向かうと、彼女の薬指にはハジメの結婚指輪がはめられていたべさ。

 ハジメは、もう一度陶子と話し合うことを決意し、Q&Aサイトにも報告した。が、ハジメの家・ http://wwwz.fujitv.co.jp/tsumaga-uwaki/index.html
より記事引用

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。